レーザー彫刻ガラス

- Aug 29, 2019-

レーザー彫刻ガラスとは何ですか?

レーザー彫刻は、ガラスの特性を変えることなく、簡単、正確、特に永久的なマーキングの可能性を提供します。 レーザー彫刻の利点は、特に直接および非接触処理です。 これにより、パターンの準備、箔の貼り付け、箔の残留物の除去、処理領域のクリーニングなどの高価な作業ステップが削減されます。 さらに、ガラス板の表面に傷やつや消しが施されている間に、非常に細かいディテール、鮮明な画像、輝度勾配などを彫刻することができます。 このようにして、CO 2レーザーの高精度により、ガラスパネル上の画像に装飾、文字、ロゴを彫刻できます。


長所
非接触彫刻なので、ガラスを固定する必要はありません


パターンなしの正確で高速な直接マーキング

工具摩耗のないレーザー加工-工具を交換する必要はありません
非接触マーキングにより損傷を軽減
高い再現性、一定の彫刻品質
非常に細かいディテールを刻印できます
サンドブラストの際にほこりや汚れがない-清掃の手間が少ない


上一条:ガラス花瓶の種類 次条:ガラス食品容器